FLEXFIT/YUPOONG JPN | FLEXFIT STORE ららぽーと湘南平塚店FLEXFIT DELTA CAP それは、機能性をつきつめたアスリートへのアンサー。の帽子・キャップ通販

FLEXFIT/YUPOONG JPN | FLEXFIT STORE ららぽーと湘南平塚店

FLEXFIT DELTA CAP それは、機能性をつきつめたアスリートへのアンサー。

日々のトレーニング、技術のブラッシュアップ。
みずからの限界を求め、極限に挑むアスリートに最適のキャップとは何なのか。
その答えがFEXFIT DELTA.
限界を超え、極限を求めて、機能性を突き詰めたYUPOONG社のアンサーです。

●アスリートが求めるキャップ。FLEXFIT DELTAの技術力

できることはすべてやる。
キャップの機能性に妥協を許さない、キャップの究極進化系。

●スタイリングを忘れない。機能性のOUTSIDE


機能性とスタイリングは両立しない。
YUPOONG社は、そんなありきたりな常識に首を縦に振るようなことはありません。
シームレス&ワンステッチ構造で、エコと軽量化を実現するとともに、
ビジュアルにおいても高級感を感じさせるシンプルで飽きの来ないフォルムを実現。
また、ブラックであればなんと紫外線を99.9%カット。
21世紀のアスリートにとって、大きな課題である紫外線対策としても、
万全の機能性を兼ね備えています。

●かぶっていないような感覚。快適性のINSIDE


スポーツにとって違和感は大きなデメリット。
しかしFLEXFIT DELTAはかぶる快適性を追求し、透湿性が1000mmにまで到達。
内部にこもった湿度を快適に外に逃がすことで、
キャップをかぶっているときの蒸れ間や湿りを感じさせない、
かぶっていないに極限まで近づけた快適性を獲得。
もともとFLEXFITの持つ、フィット感の強い快適性も含めて、
キャップがあなたの身体の一部になるのです。

●日差し除けだけで満足しない。多様性のVISOR


バイザー(つば)のもともとの機能は日差し除け。
しかし、FLEXFIT DELTAは、日差しがよけられるだけでいいなどという安易な妥協はしていません。
従来より4.33gの軽量化に施工したバイザーは、前のかかる重量を感じさせない快適な製法に進化。
裏面には、吸水速乾性、汗じみを防止する機能を持った素材を使い、
キャップのサイドからつば裏の素材に汗を誘導することによって、湿気を誘導蒸発させるシステムを搭載しています。
まさに、汗を吸って外に放出する呼吸するバイザーなのです。

●より軽く快適に、FLEXFIT DELTAが目指した二つのライン

FLEXFIT DELTに走る二つのライン。
スウェットバンド(すべり)とボンドテープ(ふせテープ)
軽量と快適を可能にした、二つの新発想。

●3層構造のスウェットバンドが汗の悩みを軽減


アスリートにとってキャップ内部にかく汗は、快適性において最も重要なポイント。
キャップ内部の周囲をぐるりと覆うスウェットバンド(すべり)を改良することで、
FLEXFIT DELTAは汗の不快感を可能な限り除去しました。
その秘密は、3層構造。
上層部に吸湿速乾素材を、中層部に速乾性とクッション性を供えた素材を、
クラウン部に接する下層部にクラウンへの汗地味を防ぐ素材を採用。
汗によるトラブルを、できるだけ軽減するため計算されつくしてスウェットバンドなのです。

●ボンドテープがキャップを糸から解放した。

軽量化、それはアスリートにとって一つの課題。
もちろんアスリートへのアンサーであるFLEXFIT DELTAにとってもそれは大きな課題でした。
そして、たどりついたのがシームレスというアンサー。
それを、可能にしたのが高機能性をもって、各パーツを繋げてくれるボンドテープ(ふせテープ)です。
これによって、キャップ軽量化の天敵であったステッチの必要はなくなり、
法制のないキャップから糸が消えたのです。
そしてその分軽くなった、その重量は従来の10%。
アスリートがタイムを削るように、YUPOONG社が削り落とした技術力の結果です。

●FLEXFIT DELTA 妥協を許さないアスリートの妥協を許さないキャップ

アスリートが求めるキャップとは何なのか。
その答えを追い求めて、アスリートの妥協を許さない姿を見ているうちにたどり着いた答え。
それがアスリートのように妥協を許さないキャップ。
スタイル、機能、快適性。
そのすべてにおいてベターで終わらないベストを目指した結果生まれたアンサーがFLEXFIT DELTA。
トップアスリートからエンジョイスタイルのスポーツファンまで、
その理想を追い求めたキャップの力を、感じてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう





Leave A Reply

*
*
* (公開されません)