FLEXFIT STORE ららぽーと湘南平塚店キャップのバイザー、あなたはカーブ?それともフラット?の帽子・キャップ通販

FLEXFIT STORE ららぽーと湘南平塚店

キャップのバイザー、あなたはカーブ?それともフラット?

ベースボールキャップ の選び方シリーズ


キャップのつば、つまりバイザー。
この形状に関しては、湾曲したカーブバイザーと
まっすぐのフラットバイザーの2種類で、おおいに好みの分かれるところですよね。
基本的には若年層にはストリート系のフラット、30代以降はカーブが好まれているようです。
しかし、ファッションに決まりはありません。
あなたのキャップ、自在に着こなすためにもそれぞれの良さを追求してみませんか。

●大人かっこいいフラットバイザー


若者のストリートファッション、そんなイメージを持つフラットバイザーのキャップ。
しかし、実は大人かっこいいコーデやシーンにも使える、けっこうフレキシブルなバイザーなんです。

・PGAツアーのゴルファーも愛用のフラットバイザー

賞金ランキング10位台になったこともあるアイアンショットの名手『ハンター・メイハン』
現在36歳(日本人感覚で言えば40過ぎの見た目です)になるこの選手は、
ツアーでフラットバイザーのキャップをかぶっていることで有名です。
そう、実はゴルファーの世界では、年齢に関係なくフラットキャップは普通にかぶられているキャップ。
フラットバイザーのキャップに大きめのサングラスで決めれば、ツアープロのようなできる男感が漂います。

・ちょい悪感?がそれとなく出せる

大人でもじゅうぶん着こなせるデニムファッション。
ただ、デニムジャケットやジーンズにTシャツといったコーデは、
大人男子がやると、ちょっとダサ目のファッションになりがちです。
しかし、ここにフラットバイザーのキャップを合わせたらどうでしょう。
しかも後ろ向きにかぶるのです。
こうするだけでぐんとおしゃれ感がアップして、
少年の心を忘れない、ちょい悪感のようなものが漂ってきます。

●最先端!スポーツとのマッシュアップ「アスレジャー」でカーブバイザーを着こなせ


最近流行のアスレジャー。
シーンレスを背景としたアスレジャーにこそ、カーブバイザーはジャストフィットです。

・アスレジャーとは
アスレジャーとは、アスレチックトレジャーからできた造語で
『スポーツをして過ごす余暇』といった意味。
ジョギングパンツやスウェットのパンツに革ジャンやフリースを合わせて、
まるでジョギングの最中のような抜け感の強いシーンレスなファッションを楽しむものです。
そのポイントは、スポーティーであること。
強いスポーツ感の演出と、おしゃれ過ぎないスタイルのミックスで、
脱おしゃれともいうべきダウディなスタイルを楽しむものなのです。

・スポーティーならカーブバイザー

ストリート系をフラットバイザーとするなら、スポーティーはカーブバイザー。
野球選手を見ればわかりますが、
基本的には(例外はいますが)ほとんどがカーブバイザーを愛用していますよね。
そう、カーブバイザーはスポーツキャップとしてのアイコンでもあるのです。
ですから、スポーティーな抜け感を演出するのが肝心なアスレジャーにとって、
カーブバイザーのキャップはある意味マストなアイテムだといえるでしょう。
しかも、もともとストリートで使っていたフラットバイザーをカーブにすれば、
さらにおしゃれ度アップ。
ストリートキャップなのにスポーティーを感じさせることができれば、
まさに、おしゃれな抜け感を楽しむアスレジャーには最高のマッチアップです。

●バイザーを楽しむのもキャップの楽しみ


いかがでしたか?
もちろん、これ以外にもそれぞれのバイザーにこれといったポイントはあります。
しかし、もともとキャップはトレンドやTPO、
ルールや常識にとらわれない自由なファッションアイテムです。
あなたなりのバイザーの楽しみ方を見つけて、
フラットもカーブも様々なシーンで遊びこなせるようになれば、
キャップの楽しみもぐんとアップするはず。
キャップコーデの幅もぐんと広まってくるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう





Leave A Reply

*
*
* (公開されません)